2010年10月27日

これはミステリーでなく純文学

高村 薫の照柿

推理小説は期待しちゃダメ。
・・・高村薫さんって、こんな感じだったっけ?

重厚だけれどテンポの良い、五條瑛さんやとにかく一切修飾語のない
吉村修一とか読んでいたせいか、す、す、進みませんページががが!

この上巻でも、「工場が衛生的でなく暑く、苛酷な労働条件です」
ということを表現するのに何十ページと使ってある。
うーん、確かに主人公の幼なじみとして、しかも極道という過去を捨てて
これだけの苛酷な場所でずっと働いていた・・という虚無感や焦りを表現するのに
必要なのかもしれないが・・

昔、世界名作全集で、延々と家族構成の説明だけを読まされた、
某・有名な名作を思い出す。

コンサルのレポートは一枚いくら、だとか何時間でいくら、だとか、
完全に量で金額が決まる分野もあることは知っているが、
もしかして小説も?長ければ長いほどありがたがられるの?と、
少しやさぐれてきたのも本当だ。

熱くて暑い描写がえんえんと続くので、読んでいるのは真冬なのだけど、
なんだか息苦しくなってきた。
顔をぐいぐい、夏のむわっとした熱いコンクリートにでも押し付けられているようだ。
読んでいるのが冬で、逆によかった。。
でも、そろそろ、展開急いで!正直しんどいです、読むの。

この上巻を説明して、と、誰かに言われたら、あたしは迷わずこう言う。

「主人公の刑事が偶然電車事故に巻き込まれて、
事故の被害者を愛人にしていたオトコの奥さんに一目惚れして
偏執狂的にストーカー紛いのことをおっぱじめる。
たまたまその奥さんと浮気しているのが、劣悪な工場で働いている
芸術家の男で、逃避行しようとしていたらばったり刑事と遭遇。
そうしたらこの二人はたまたま幼なじみだったらしい。
んで今、お互い奥さんを間に挟んで勝手に相手を陥れたくて
モウソウシテルところ。そこに刑事が追っている事件がちらほら、
間に入ってきてる感じ」・・以上!

肉感的人間ドラマ+サスペンス
合田刑事シリーズ第2弾!!「マークスの山」よりもずっと、合田刑事の内面に踏み込んだ、人間ドラマの意味合いが強い作品になっていると思う。ホステス殺しを追う合田刑事が偶然居合わせた列車轢死事故。そこで出会った佐野美保子に対する執着。幼なじみの野田達夫との再開。実は達夫は美保子と不倫の関係だった。警察内部と被疑者の両方の問題から、なかなか決着の付かない捜査。圧倒的なリアリティを持つ高村節は本作でも健在でした。達夫が勤める工場の炎に似た、エンジ色の「照柿」という色が執拗と言えるほどに描写され、登場人物達の心理状態の細かな描写と相俟って、作品の世界を、確かな質感と匂いの迫り来るリアルさを醸し出しています。佐野美保子への想いに揺れる合田刑事とか。他の高村作品が好きな方、人間味溢れる刑事小説が好きな方、オススメです。

これはミステリーでなく純文学
野田達夫は自分は人殺しではないかという脅迫観念を
心の中に飼い、しばし噴出しそうになる怒りを微妙な
バランスで自制しながら、工場勤めを続けてたが、
18年ぶりの合田雄一郎との再会が彼の人生を狂わる。
ラストに達夫が起こした殺人事件のきっかけとも言える子供時代の
二人の出来事が明かされます。逃れられない運命をいつもながらの
格調高い表現で淡々と描写する筆力に脱帽。
余談ですが、作者が女性って始めて知ったときはびっくりしました。
照柿(上)

カーゴパンツ
ラベル:高村 薫
posted by なつみ at 20:54| 読書 | 更新情報をチェックする

死生観を考えさせてくれる作品

立花 隆の臨死体験

人体から光子が出る!?
仏教でよく「後光が射す」という。仏像を見ても、西洋の宗教画を
見てみても、後頭部から放射する光のようなものが表現されている。
はたしてあれは何を表現したものなのか?

霊視が出来れば、各個人の霊格によって眉間から出る光の量が
異なることが確認できる。

この「臨死体験」下巻では、人体から光子(フォトン)が出ていることが
科学的に観測できることが紹介されている。
平均的な人間で、3から4秒に一個ぐらい放出されているらしい。

本書の主旨からすれば、少し横道に逸れた話題であるだろうが、
私には興味深い一節であった。

上下巻合わせてかなりのボリュームの本だが、
下巻には巻末に索引が付いており、単語さえ覚えていれば、
後から検索できるようになっている。

臨死体験とは、脳の現象なのか、あるいは事実なのか探ろうとする
ジャーナリスト立花隆氏が、「臨死体験」という非科学的な事象に対して果敢にとり組んだ意欲作です。多くの臨死体験者、そして海外でのレポートを元に、臨死体験とは、脳の現象なのか、あるいは事実なのか探ろうとする。

 膨大な取材と、勉強において完成している1冊です。

超常現象と科学。
臨死体験で起きる超常現象を唯物論者は、脳科学で解明しようとしています。脳死体験は、人種によって体験談に文化的差異が発生していることや再現が困難であること、客観的証拠がないことなど、言わば科学的な立証が成り立ちません。そこで、脳科学者が臨死体験の謎に迫る実験を試み反駁をしています。下巻は、上巻での臨死体験二言論に対し還元論に軸足を置いた内容になっています。立花さんは、還元論の立場にいるとしながらも、脳科学だけでは説明がつかない事例もある、というお考えのようです。超常現象、超能力といったものに対しての個人の考え方が大きく作用してくるテーマですが、それを人間とは何か?という視点で見たのが、この作品であると思います。多くの人は、科学的にものを見、考えると思います。それでも、不思議なこと、奇跡の出来事に触れると、神秘性を感じます。宇宙的にものを考えますと、神秘性の方が強くなってきます。このテーマは、現在の争点を知るまでで、どちらが正しいといえるものではないようです。唯一つ言える事は、臨死体験を経験した人は、死ぬことが怖くなくなり、生きることの喜びを感じるようになったと言います。宇宙飛行士にも地球を外から見て同じようなことを感じた方がおられるようです。また、宗教の神聖な部分と繋がっているようにも思えます。死生観を考えさせてくれる作品でした。
臨死体験〈下〉
サングラス

posted by なつみ at 19:11| 読書 | 更新情報をチェックする

2010年10月10日

繊細すぎるかもしれない


歩にとって秋本の存在は大きいもの!
様々なできごとの中で、いつも歩の隣にいたのは秋本だった。

普段は気にかけない、いやうっとうしいとも思える秋本。

歩が、つらい時にさりげなく励ましてくれる秋本というたった一人の友人の、心があったかくなる行動に胸を打たれる。

また、あさのあつこさんならではのおもわずふきだしてしまうユーモアたっぷりの場面も、所々にはいっている。

電車の中じゃなくて・・
よかった。

電車の中で読んでたら、きっとやばかった。

読みながら、何度も涙で文字がゆがんで見えなくなった。

主人公は繊細だ。

繊細すぎるかもしれない。

でも、その繊細さが強さでもあり、温かさでもあると思った。

学校はいかなくてもいい。

心が壊れるような思いしてまで、苦しんでまでいくところじゃない。

でも、そこで出逢えることもある。

自分の心を支えてくれる言葉や人や出来事に、出会うことも、ある。

「今ここにいる自分」をなかなか肯定できなくて、苦しくてたまらない想いを抱いているときに、あたたかく包んでくれそうな本だと思った。

いいv
今回は、感情を吐き出せるようになった歩の周囲で、ぐっとくるセリフの連続ですvそして、この作者、プロレス好きだ( ̄∀ ̄)エルボードロップって出てくるv「歩、あのな」「うん?」「忘れんといてくれな」「え?」「おれ、いつでも傍におるからな。

おまえのことだけは、絶対、裏切らへんからな。

そこんとこ、忘れんといてくれな」こう言い切れる相手のいる幸せv二巻は宝石箱や?状態で、ぐっとくる。

かなりおすすめvThe MANZAI 2 (ピュアフル文庫)あさの あつこ
posted by なつみ at 03:00| 読書 | 更新情報をチェックする

2010年10月05日

新星歌手のスミ・ジョーの夜の女王のアリアも必見

大満足☆
本当に素晴らしいです!! 名歌手の歌声をこの値段で聞けるのは、お得です☆曲目も有名な曲ばかりで、入門編としてもオススメできます。


新星歌手のスミ・ジョーの夜の女王のアリアも必見です☆価格、内容ともに大満足

もしあまり気に入らなくてもこの値段なら諦めがつくし、と思い購入しましたが。


オペラはまったくの初心者ですが、どの曲もとても聞きやすくて買った良かったです。


しょっちゅう聞いてます。


超豪華版を廉価で!
有名なアリア、有名な歌手の歴史的名演を集大成したのだから、文句の付けようがございません。


「清きアイーダ」:ドミンゴの若かりし頃の声のハリ良いですね・・ただし、「誰も寝ては成らぬ」はパバロッティで聴きたいと思うのは私だけでしょうか?
収録されています曲を通して思うのは総て素晴らしいもので癒されますが、特にヘンデルの2曲は収録されているCDも少なく「涙の流れるままに」を好きな私に執りまして稀少だと思います。


余談ですが・・・「見よ勇者は帰る」は小学校の運動会や高校野球の場でも年数回は少なくとも聴くと思いますが「作曲者は誰?」と問いかけても答えられないのが現実だと思います。


もっとヘンデルに光を今宵も素敵な音楽と焼酎に酔っぱらってのレビューを書く事をお許し下さい。


ハバネラ〜オペラ・アリア名曲集
オムニバス(クラシック)
posted by なつみ at 02:00| 音楽 | 更新情報をチェックする

2010年09月30日

カンパネラも終盤疲れてるような感じが・・・

買って損はないと思う。
一応ピアノを習ってきてそこそこのクラシックの知識はあるのですが、そんな通ではないので偉いことはあまり言えませんが・・
普通にいいと思います。

このリストの超絶技巧練習曲集はあまり聴き比べしたことはないですが。

鬼火で弾けてないところがあります。

カンパネラも終盤疲れてるような感じが・・・
でも、若いんでこれからに期待ですね。

容姿端麗ですし笑
本当にプロ?
テンポを一定に保てていない、音の粒が揃っていない、
重音が押し切れずにアルペジオ状になってしまっている等、
いかにも素人っぽい演奏なのだがこれは意図的なものだろうか?
上記の難点を音楽の流れにうまく乗せて、
不自然にならないようにするようなセンスも持ち合わせていないようだし。

あと、演奏者の責任ではないのかもしれないが、
録音が残響重視なのかピンボケ気味なのもマイナス。


(きちんと弾けてないのを誤魔化すため?)

ついでに評価とは直接関係ないが、
盤の裏面に(聞いたこともないような)コンクール歴を
ずらずらと並べているのも感じが悪い。


美しい
この曲はとにかくテクニックに拘っていて、あまり音楽的ではないのではと思っていた。


とんでもない。

彼女の演奏するこの曲は、本当に美しい。

彼女の細やかでしっかりしたテクニックと分析力に裏付けされた音楽性に、大きな予感を感じます。


少々、マンネリ化していたクラシックピアノ界ですが、彼女が新しい風を運んでくれそうです。


演奏には関係ないかもしれないですが、本当にキレイなお嬢さん。。。

インタビューなどみると、頭も随分しっかりしてるとみえます。



リスト:超絶技巧練習曲
アリス=紗良・オット
posted by なつみ at 01:00| 音楽 | 更新情報をチェックする

2010年09月29日

カラヤン&ベルリン・フィルの最盛期を象徴する素晴らしい演奏

カラヤンの十八番

悲愴といえばカラヤンが最も得意としていた曲ですが、ドイツ・グラモフォンに録音した70年代のこのCDはカラヤン&ベルリン・フィルの最盛期を象徴する素晴らしい演奏だと思います。


悲愴の頂点

言うまでもなく、チャイコフスキーの名曲中の名曲である「悲愴」ですが、
数々の演奏を耳にして、LP時代から10数枚を購入し愛聴してきました。


カラヤンの演奏もド派手なEMI盤、枯れた魅力のウィーンフィルとの最後のもの、
今、改めてカラヤンの芸術を60年代70年代80年代と聴き直し、
CDも買いなおして聴いています。


この76年当時のベルリンフィルのアンサンブルの完璧さは惚れ惚れします。


そして磨き上げた「悲愴」の美しさ悲しさに感動しなおしました。


そして、たった1000円でこの名盤が買えるとは驚きです。


チャイコフスキー入門者には絶対この1枚をお勧めします。


第3楽章についてのみの感想ですが

カラヤンによる悲愴の第3楽章は大変情熱的であり、重厚なサウンドを私たちは楽しむことができるでしょう。


そのような演奏が好みの方にはぜひお薦めしたい素晴らしい演奏です。



しかし、第3楽章はト長調によるスケルツォと行進曲であります。


優雅さと諧謔さ、軽やかさ(この例えは少し言葉選びが悪いかもしれませんが)という観点からすれば、カラヤンの演奏は元気が良すぎる、ガシガシ猛進する行進曲のようにも聞こえます。


もし、優雅さと諧謔さ、軽やかさを重視するのであればムラヴィンスキー/レニングラードフィルの演奏を薦めます。



もちろん、ほかにも名演奏はあることと思います。

いろいろと聞き比べをして、一つの曲の解釈の多様性を楽しむのも面白いかもしれません。

チャイコフスキー:交響曲第6番
カラヤン(ヘルベルト・フォン)
posted by なつみ at 14:24| 音楽 | 更新情報をチェックする

2010年09月22日

このしごく退屈な曲を美しいと感じる人の感覚に問題がある

意見
albert_clemens_jackson "Jack"のような人格障害、精神疾患で社会的能力のない、しかもゲイの犯罪予備群は追放できないものかね(笑)
どれもこれも判を押したように同じようなレビューを
このしごく退屈な曲を美しいと感じる人の感覚に問題がある。


フォーレの作品は、いまさら聴いても目新しいものがまるでなく、正直ダサい。


カビの生えたような音楽だ。


フォーレのレクイエムを聴いて

前からフォーレのレクイエムのCDを買いたかった。

大学生の頃に義理で合唱団のコンサートを聞きにいって、もう一度まともに聞いてみたいと思って22年。

今回聞いてみて、なんとすばらしく安らぎに満ちた曲で、気持ちが豊かになってきます。

何度も聞き返しています。

指揮者が誰で、どんな人たちが歌っているかはさっぱりわかりません。

しかし、今回、このようなすばらしいCDを安価な価格で得られて大満足です。

歌声は全身を安心のオーラに包んでくれそうです。

お堂で何人もの人が読経を上げているような,ゆったりした抑揚です。

わたしがもしキリスト教徒であったなら、もっと違ったレビューが書けたかもしれません。

しかし、手軽にフォーレのレクイエムを聞きたいなとお思いの人にはうってつけかもしれません。



フォーレ:レクイエム
フォーレ
posted by なつみ at 01:00| 音楽 | 更新情報をチェックする

2010年09月21日

あの時代を思い出させてくれる

書名になっているThe Beatlesの曲は当然だが、主人公の姉とほぼ同じくらいの年齢の自分としては、それ以外にも“四曲入りのEP版”“フランスキャラメル”“アメリカ口語教本”“傷痍軍人”など懐かしくて思わず「そおや!」と声が出てしまうようなものに再会しました。

物語としては、子どもの目を通してみた世界に透明感があって心地よく読めましたが、中学生の女の子の気持ち動き・揺れが理解できるというより、「外の世界」へ心が向かっている高校卒業を控えた姉の行動を闇雲に心配する父親の気持ちに、時代的な背景も考慮すると共感を覚えます。

健気なビートルズマニアの回想記
著者は高名な児童文学作家である.しかしここでは、半自叙伝のように健気な中二の女の子だった自らを40年後に回想する、と言う趣で、ひたすら好きで好きで仕方のない The Beatles への愛に満ちた日々が描かれる.Beatles の1966年秋の来日公演を何とかして見るために、中国地方西部から東京目指して小さい家出までするのだ.でも私は満足できなかった.余りにも世界が狭く、回想自体に魅力が足りないのだ.これを姫野カオルコ氏の 'ツイラク' の墜落前までの回想部分と比較すれば、社会的、戦略的な生き方の描写が欠落しているのがよく判る.それと、プロローグで満月が中天にかかりながら曙を迎えるあり得ない情景で、私の信頼感はゼロまで下がっている.高名な作家のこのあり得ない過ちは読み手の心を暗くする.折角のビートルズが息づく乗りを与えられず残念.昭和の懐かしい時代にタイムスリップ
ビートルズに恋いこがれた少女の日常を描いています。

ビートルズの曲にガツン!ときた方、昭和40年代を生きた方きっと、ページをめくれば、あの頃にタイムスリップできます。

本を読みながら、あの頃の情景が浮かんできます。

わたしは、なんでもや(文房具とかお菓子とか、とりあえずなんでも売ってた店)が大好きでいつも、入り浸ってました。

あの頃のことを思い出しながら、この本を読みました。

オール・マイ・ラヴィング
ラベル:岩瀬成子 読書
posted by なつみ at 01:53| 読書 | 更新情報をチェックする

2010年05月14日

母の日に何かしました?

あなたは母の日に何かしてますか?

母の日、「何もしていない」が半数なんだとか

1年に1度の母の日、母親にしたことで最も多かったのは、
「花などのプレゼントを贈った」で27.3%。次いで、
「料理や掃除などの家事を手伝った」(6.9%)、
「電話」(5.6%)だが実は、「何もしていない」(51.1%)が
最多で寂しい結果になったそうです。

年々人間関係が希薄になっていると言われていますが、
それは親子間でもそうなのでしょうか。

わたしの場合は、フラワーバスケットを毎年贈っていますが、
これ花屋さんのサービス
毎年母の日に贈ってくれるように契約しています。

だから、忘れていても勝手に送ってくれます・・・
んー希薄

お礼の電話もらって、そういえば母の日だったなってなことも
ちょっと反省

何もしていないのと一緒かも

今思えば、フラワーアレンジメントにしたお花って、
もたないんですよねぇ、見栄えはいいけど。
ならば鉢植えにすればよかったかなぁ、と今さらながら後悔。
鉢植えだと、育てる楽しみがありますものね。
来年はそうしよう。

さて、一方で、母親に「非常に愛されている」と答えたのは、
52.6%、「やや愛されている」が27.1%、さらに、
78.3%が母親を「好き」と回答しているようです。
ほほー、非常に愛されている、と回答したのは半数ですか。
そういう人は幸せですね。
男性だと、マザコンとか言われそうですが、
男性はみなマザコンっていいますよね。
母親嫌いって人より、母親は好き、って素直に言う人の方が
わたしは好きだなぁ。
ラベル:母の日
posted by なつみ at 12:00| 日記 | 更新情報をチェックする

40代自殺が増加

40代自殺が増加しているようです。

警察庁によると、20〜30代は過去最悪

警察庁は13日、昨年自殺した3万2845人の年齢や
動機などをまとめ、発表したそうです。

年代別では働き盛りの40代の増加幅が最大で、
前年より291人増加、動機は「うつ病」が最も多かったが、
生活苦や失業による自殺者も目立ったようです。
なんと1998年以降、12年連続で3万人超。

増加幅が大きかったのが「経済・生活問題」で
8377人(13.1%増)ですって。
バブルが弾ける前は、もちろん金持ちは金持ちとしているわけですが、
ほとんどが中流くらいの生活をキープできていたらしいですよ。
それがなんでしょう、この貧富の拡大。
これで消費税上げるとか、デモでも起きかねない事態ですよね。

以前は経済大国でしたが、今は、何とも言えませんよね。
どうしましょう、ギリシャのようになったら。

自殺者の統計には、小学生が1人、中学生が79人含まれていたとのこと、
大人でも相当な覚悟が必要であろう自殺に小学生や中学生が
踏み切るなんて、並大抵の苦労があったのでしょうね。
いじめを苦にして、とか親の虐待を苦にして、
という理由が多そうです。
posted by なつみ at 09:40| ニュース | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。