2012年01月16日

穏やか、かつ明確な主張

五嶋みどりのチャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲

しなやかで堂々とした、次元のひとつ違う演奏

たぶんCDで音を聴いているだけでは判らないものが、映像を一目みれば、はっきり判るということがあります。
CD録音と同じ一連のベルリンでの演奏会(1995年3月)の映像が、ユーチューブにアップされています。

それを見ると、普通の演奏家とは、集中の次元が違っているのが判ります。
音楽に没入してゆく様子が、いろいろに変化する彼女の表情でみてとれます。
緩急があり、弱音の響きがあり、野生の激しさがあり、スリリングな展開があり、この曲はこんな曲だったのだと、新しい別の曲をきく思いがします。
アバド・ベルリンフィルも素晴らしいです。

映像を見てから判断されることを、おすすめします。ほかの演奏家のチャイコフスキーもアップされているので、聴き比べてみてください。『百聞は一見にしかず』です。(Midori Goto で検索)

わたしはこの映像を見たとき、釘付けになってしまいました。
それまで五嶋みどりの名前は知っていましたが、なぜか避けてきたようなところがありました。でも脳天に一撃です。
聴きものの演奏は、見ものでもあります。彼女の各年代のDVDもぜひ出してほしいものです。

穏やか、かつ明確な主張

名曲、チャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲。こいつは驚いた。五嶋みどりのこれほどの横綱相撲にはムターも諏訪内もヴェンゲーロフもぶっ飛ぶだろう。まるで足に根が生えたかのような安定感はどうだ。と言っても、「どうだ!」というような力みなどまったく無く、いたって素直に楽想のままに演奏している。音の贅肉を極限まで削ぎ落としてシェイプアップしているので、グラマスなムターの演奏などに慣れていると、線が細いようにも感じるが決してそうではない。ゆったりと開始し、十分に間を持たせた運び方は実に堂々としている。むしろ図太い。正統的かつ完成度の高いヴェンゲーロフの演奏に近いようにも思えるが、五嶋みどりの確信が穏やかに、ハッキリと語られているのがよく分かる。決定版といえば、この協奏曲の決定版ともいえそうだが、そもそも音楽とはそう決めつけるものでもないだろう。演奏グレードが要求レベルに達していれば、時には諏訪内で、時にはツィンマーマンで、時にはムターで聴きたい場合もある。音楽を聴く時の心持ちはその時々で違うのだから。とはいえ、五嶋みどりのこの演奏はこの先聴く機会が増えそうだ。商品説明に「カーネギーホール100周年記念コンサートでの歴史的演奏の記録」とある。良質な録音によるライブ版だ。

音楽があふれています。

チャイコフスキーらしいし、加えて音楽の豊かさが素晴らしい。バンドはベルリンフィル以外の何者でもなく、ロシアのバンドと比較するとチャイコフスキーのロマンチックさではどうかとも思いますが。そのリアクションの中で五嶋みどりさんのリードは素晴らしく、アバドのリアクションも素晴らしいのではと思います。ライブ音源だけに、緊張感は在りますが、それゆえにリアルな音楽そのものを楽しめます。ベルリンフィルとのチャイコフスキーですが、十分にヴァイオリンはチャイコフスキーです。非常におすすめの録音と判断します。

チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲
posted by なつみ at 22:22| 音楽 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。