2011年12月11日

紗栄子さんの、どうでもいい本

紗栄子の憂鬱 新刊エッセーがアマゾンのレビューで大炎上している
という記事より
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111205-00000008-nkgendai-ent

いろんなところで、どうでもいい本っていわれているみたいですね。
特に女性から厳しい言葉が投げつけられているみたい。

たしかに、同性には好かれない感じがしますけど

離婚原因って
一応ダルビッシュ側ですよね。

それで、女性に同情があつまらないってのも
めずらしいかも

記事によると、
プロ野球・日本ハムのダルビッシュ有(25)投手と離婚協議中の
紗栄子さん(25)がフォトエッセー集「Saeko One and only」を
発売しています。

自身の恋愛観や人生観を赤裸々と語った本らしいのですが、
これがネット書店最大手の「アマゾン」のブックレビューで集中砲火を
浴びていると言います。

世間に対してかなりイメージが悪いというのを改めて知りました。

芸能界の事ですから悪く言われるのは常だと思うけど、
ここまで紗栄子さんも言われると可哀そうにも思えてきます。

慰謝料の事が事実だとして、そんなに多額のお金を要求しているのだとしたら
普通に子育てをしている私から言うと「贅沢」としか思えませんけど、
もしかしたら何かほかに目的があるのかもしれないし、
一生結婚しないつもりで老後の事も考えているのかもしれないし、
慰謝料の根拠は紗栄子さんにしか分からないですよね。

それにしても紗栄子さんって最近良くテレビで見かけます。
コメントもパットしないし、なんでこんなに露出が増えてるんだろう?
って私はそっちの方が不思議で疑問に思うところですね。



posted by なつみ at 12:46| 芸能 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。