2011年07月31日

無い物ねだりをしてみたくなりました

他の方のレビューを読んで、私は「木星」が好きなのだとわかった

評価は大きく二つに分かれるようですね。「期待はずれだった」というレビューに、恐れをなしつつ聴いてみました。
なんのなんの。
そもそもヒットした「ジュピター」は緩やかな中間部に歌詞をつけた作品。本CDは、主にこの中間部のバリエーションで構成されているものだと思えば、まあ、よくまとまっていると思えます。
ホルスト・オリジナルの「木星」まる一曲のアレンジだと期待された向きには、ちょっと物足りなさが感じられるかもしれませんが、これはこれでありだな、と思う私は、自分で思うより「木星」フリークだったのかもしれません。もちろん何曲か入っているフルコーラスもいいですよ。
中学生の頃、音楽の時間に非常勤の先生が、私たち生徒のリクエストに応えてくり返し聴かせてくれた世界のトミタ版も懐かしかったです。
もっとも私には、15年以上前にラジオで一度切り聞いた限りで、以来、タイトルも分からずずっと探していた、「ウィズ・ディス・ラブ」が収録されてたことで、十分元は取った、という満足感があります。
他、オーマンディーもスラットキンも、ブラスもピアノも、それぞれに聴き応えありましたよ。ほんと、好きな方にはお勧めです。

オルゴールがステキ!

100%シリーズはどれもステキですが,このジュピターもまた,ステキなアルバムでした。どれもいいのですが,このアルバムのために作られたというオルゴールバージョンは,アレンジがステキで,癒されます。 
個人的にはエンパイアブラスの演奏も好きです。 ブラスバンドの格調高い演奏です。 

ジュピター好きにはたまりませんが、一般受けするかどうかは微妙ですね

30数年前、始めてホルストの『惑星』を聴いて以来、「木星」の荘厳さに惹かれて、愛聴してきた者です。
昨年、平原綾香さんの歌声による「ジュピター」の大ヒットのお蔭で、このようなコンピレーション・アルバムが企画されたと思います。「木星」ファンとしては嬉しいの一言です。

「木星」の変ホ長調のトリオにあたる荘厳なメロディに対して、様々な演奏で変化をつけたものが収録されています。大好きなスーザン・オズボーンの歌を始めとして、個性的な3人のヴォーカルや、パイプ・オルガン、オルゴールなどの演奏は楽しめました。
イギリスでは、「わが祖国に誓って」という愛国的な歌詞をつけて愛されてきた部分ですので、遊佐未森の日本語の歌詞も違和感なく聴けました。

11種類のバリエーションですが、どうしてもメロディが一緒なので、全部を聞きとおすのは少しだれるように思えます。

私のような「ジュピター」好きには、嬉しいアルバムでしたが、もう少し違う楽器の演奏、もしくは、ロック、ジャズのバリエーションがあればもっと良かったのにと、無い物ねだりをしてみたくなりました。

ジュピター(Jupiter)100%


posted by なつみ at 21:02| 読書 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。