2011年05月14日

感動の余り涙で楽譜が見えんようになったらしいです

ジュリーニ(カルロ・マリア)のブラームス 交響曲第4番
第4楽章のフルート

第4楽章にフルートのソロがあります。指揮者によってここの吹かせ方はいろいろです。月明かりの夜、厳島神社の能舞台で、フルートを笛に持ち替えて平敦盛が吹く嫋嫋とした調べが波間に漂い、ふと見ると背後の森のそこここで平家の精霊がじっと聞き入る、そんな情景を思い浮かべます。ブラームス最後の交響曲に「枯淡」や「寂寥」を求めるとしたら、ジュリーニはそれに近いのですが、みずみずしい叙情も、ときにはきっぱりと寂寥を振り切る打楽器の開放感も同時に聴くことができます。
いろいろな演奏を聴いていくうちに、第4番は寂寥感を求めるだけではなく、構築のしっかりした、コントラストの明瞭な演奏も魅力的に思えてきます。たとえばケルテスのように。また、夜更けに聴くのか休日の午前に聴くかで、好みも変わります。
いろいろ聴きくらべて一枚を選ぶのもいいですが、放置していたものが耳になじむ日もあり、つまり名曲ということに尽きます。

当時の楽員が演奏中、感動の余り涙で楽譜が見えんようになったらしいですがな

ジュリーニ先生最後のブラームス全集より。いつものジュリーニ先生らしく、しなるような構築、抑制したテンポからにじみ出るスケール感、沁み入るカンタービレ、と非の打ちどころがあらへん。4番はシカゴ盤以来でしたから、ホンマ、ええタイミングで録音してくださった。

4番、悲劇的序曲のカンタービレを聴いとると、痩せて凛としてジュリーニ先生の指揮姿が目に浮かぶようで、当時の楽員が演奏中、感動の余り涙で楽譜が見えんようになった、という話が凡人のわてにもよう分かる

音楽の持つ美と音楽に対する愛情の結晶です。

これは偉大な演奏だ!
悠々として巨大。滔々と進む演奏は本当に素晴らしい。

ウィーンフィルの演奏は、ジュリーニとの呼吸も抜群で文句のつけ様もなく、美しさの極みに到達している。ジュリーニ特有の、このスローなテンポに何の迷いもなく身を任せ、堂々とした完成度の高い演奏を聴かせてくれる。

良くこの第4交響曲には晦渋・枯淡などの言葉で、ブラームス晩年の哀愁について述べられている。
枯淡の味わいがあるかは分からないが、この盤においては美しくロマンティックなブラームスが堪能出来る事は間違いない!


ブラームス:交響曲第4番


posted by なつみ at 22:41| 音楽 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。