2010年01月25日

2009ワースト映画

栄えあるワースト第1位に輝いたのは、映画『DRAGONBALL EVOLUTION』という記事より

思い出したくもない
きっとあれは悪い夢だったんだ

日本の大人気コミックをアメリカのハイスクールに舞台を
移して映画化した本作、

みなさんドラゴンボールへの思い入れが強いだけに
がっかりした人も多いはず

そうゴジラの火じゃない

こちらの審査コメントにも現れていますね(笑

「ただただつまらないというのは何よりも罪」(澤井健)、
「これは何かハリウッドの陰謀なのだと思いたい」(デルモンテ平山)など、

あまりの出来に脱力したとの意見が多数あったとのこと。
ハリウッドの陰謀って・・・

映画専門誌「映画秘宝」が、2009年劇場上映作品のワースト10を
紹介するトホホ大賞「トホホ10」を発表したそうです。
映画秘宝にゆかりのライターや著名人約80人が選んだ、
栄えあるワースト第1位に輝いたのは、映画『DRAGONBALL EVOLUTION』。

毒舌御免!映画秘宝が選ぶ2009年トホホな映画はこれ!
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100122-00000014-flix-movi

僅差で第2位に『ターミネーター4』、3位に『2012』が選ばれたとか。
『2012』など、けっこうアクション・SF系が上位に挙がっていますね。

ランキング10位を見てみると、8位に『HACHI 約束の犬』が
あるではありませんか!!
これ駄作なのですか?
わたしは見たかったのですが忙殺されて見れずに後悔していた
映画なのですが。
どうして評判が悪いのか知りたいところです。
今、「YAHOO!映画」をちょこっと覗いてみたら軒並み評価は
いいんですけどねぇ。



posted by なつみ at 11:12| 日記 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。