2010年01月19日

仏のスパイダーマン

仏のスパイダーマン、世界最高のブルジュ・ハリファ・タワーを狙うという記事より

アラン・ロベールさんといえばフランスのスパイダーマンとして
有名な男性です。

この人、半年に1回ぐらいニュースで紹介されているような感じ
満足げな顔で逮捕される姿が印象的

こういった情報は地元の警察には当然伝わっているんでしょうけど

あっ許可が下りる場合と下りない場合があるのか
それで下りなくても上っちゃうから逮捕と

見てる人を楽しませてくれるのはいいけど
十分気をつけてくださいな

今回は許可を取っているのかわかりませんけど、

アランさんがドバイに建設された世界一の高さを誇る超高層ビルの
「ブルジュ・ハリファ」に素手でよじ登る計画を立てているという【こぼれ話】仏のスパイダーマン、世界最高のブルジュ・ハリファ・タワーを狙う
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100118-00000030-jij-ent

中東のドバイで4日に落成されたブルジュ・ハリファは828メートルの高さで、
現在のところ「台北101」を抜いて世界で最も高い超高層ビルになりました。

ロベールさんはこれまでもエンパイアステートビルや台北101など、
多くの超高層ビルを素手でよじ登っているそうですが、
828メートルもあるブルジュ・ハリファに上る準備を進めているそうです。

高所恐怖症の私からみると、
ロベールさんの考えていることは正気の沙汰とはおもえません。
でも彼に言わせると超高層ビルに上ることは、食べたり呼吸したりすることと
同様に重要な事なのだそうです。

つまりよじ登ることをやめてしまったら、生きていることをやめることになる(?)
と言いたいのでしょう。

素手でよじ登ることをドバイの人も待っていると考えているらしく、
それに向けて計画を進めているのは確実なようです。

誰にも止められないのだとしたら、悲惨な結果にならないように、
万全の策を施して挑んでもらいたいです。




posted by なつみ at 22:35| スポーツ | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。