2010年01月18日

レーシック被害の件でちょっと

わたしもドがつく近眼なので
レーシック手術にはとても興味しんしん、

でも根性なしでうけてません

だってレーザーで目を焼くって・・・

目の角膜をレーザーで削って屈折率を変えて視力を回復させるという
手術法をテレビの映像で見て以来、
なんだか恐怖心のほうが強くなってしまったので、
(費用も高額だし)受けるのはやめたという事がありました。

もうちょっと様子みてみようかなぁ

銀座眼科(東京都中央区、すでに閉鎖)で
近視を矯正するレーシック手術を受けた患者が
角膜炎などを発症した集団感染事件において、
事件を捜査する関係者によると感染症を引き起こした原因菌が
複数の患者で一致していることが分かったそうです。

レーシック被害 複数患者の菌一致 「手術で感染」疑い強まる
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100117-00000041-san-soci

このことから警視庁捜査1課と築地署ではレーシック手術を受けたことで
感染症に感染した疑いが強まったと判断し、
手術を行った病院側のずさんな衛生管理が集団感染を招いたとして、
溝口朝雄元院長を業務上過失傷害容疑の疑いで立件に向け
捜査を進めているようです。

タイガー・ウッズや松坂大輔投手など有名スポーツ選手も
手術を受けるケースが多いそうですが、
臨床データがあまりないために老後の状態がどうなるかというのも
まだハッキリしないそうです。

ある程度のリスクは承知の上で手術を受けたはずですが、
感染症のような予防できる病気にかかるなんて、
あってはいけない事ですから、管理をちゃんとしていただきたいですね。



ラベル:レーシック
posted by なつみ at 22:24| ニュース | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。