2010年09月30日

カンパネラも終盤疲れてるような感じが・・・

買って損はないと思う。
一応ピアノを習ってきてそこそこのクラシックの知識はあるのですが、そんな通ではないので偉いことはあまり言えませんが・・
普通にいいと思います。

このリストの超絶技巧練習曲集はあまり聴き比べしたことはないですが。

鬼火で弾けてないところがあります。

カンパネラも終盤疲れてるような感じが・・・
でも、若いんでこれからに期待ですね。

容姿端麗ですし笑
本当にプロ?
テンポを一定に保てていない、音の粒が揃っていない、
重音が押し切れずにアルペジオ状になってしまっている等、
いかにも素人っぽい演奏なのだがこれは意図的なものだろうか?
上記の難点を音楽の流れにうまく乗せて、
不自然にならないようにするようなセンスも持ち合わせていないようだし。

あと、演奏者の責任ではないのかもしれないが、
録音が残響重視なのかピンボケ気味なのもマイナス。


(きちんと弾けてないのを誤魔化すため?)

ついでに評価とは直接関係ないが、
盤の裏面に(聞いたこともないような)コンクール歴を
ずらずらと並べているのも感じが悪い。


美しい
この曲はとにかくテクニックに拘っていて、あまり音楽的ではないのではと思っていた。


とんでもない。

彼女の演奏するこの曲は、本当に美しい。

彼女の細やかでしっかりしたテクニックと分析力に裏付けされた音楽性に、大きな予感を感じます。


少々、マンネリ化していたクラシックピアノ界ですが、彼女が新しい風を運んでくれそうです。


演奏には関係ないかもしれないですが、本当にキレイなお嬢さん。。。

インタビューなどみると、頭も随分しっかりしてるとみえます。



リスト:超絶技巧練習曲
アリス=紗良・オット
posted by なつみ at 01:00| 音楽 | 更新情報をチェックする

2010年09月29日

カラヤン&ベルリン・フィルの最盛期を象徴する素晴らしい演奏

カラヤンの十八番

悲愴といえばカラヤンが最も得意としていた曲ですが、ドイツ・グラモフォンに録音した70年代のこのCDはカラヤン&ベルリン・フィルの最盛期を象徴する素晴らしい演奏だと思います。


悲愴の頂点

言うまでもなく、チャイコフスキーの名曲中の名曲である「悲愴」ですが、
数々の演奏を耳にして、LP時代から10数枚を購入し愛聴してきました。


カラヤンの演奏もド派手なEMI盤、枯れた魅力のウィーンフィルとの最後のもの、
今、改めてカラヤンの芸術を60年代70年代80年代と聴き直し、
CDも買いなおして聴いています。


この76年当時のベルリンフィルのアンサンブルの完璧さは惚れ惚れします。


そして磨き上げた「悲愴」の美しさ悲しさに感動しなおしました。


そして、たった1000円でこの名盤が買えるとは驚きです。


チャイコフスキー入門者には絶対この1枚をお勧めします。


第3楽章についてのみの感想ですが

カラヤンによる悲愴の第3楽章は大変情熱的であり、重厚なサウンドを私たちは楽しむことができるでしょう。


そのような演奏が好みの方にはぜひお薦めしたい素晴らしい演奏です。



しかし、第3楽章はト長調によるスケルツォと行進曲であります。


優雅さと諧謔さ、軽やかさ(この例えは少し言葉選びが悪いかもしれませんが)という観点からすれば、カラヤンの演奏は元気が良すぎる、ガシガシ猛進する行進曲のようにも聞こえます。


もし、優雅さと諧謔さ、軽やかさを重視するのであればムラヴィンスキー/レニングラードフィルの演奏を薦めます。



もちろん、ほかにも名演奏はあることと思います。

いろいろと聞き比べをして、一つの曲の解釈の多様性を楽しむのも面白いかもしれません。

チャイコフスキー:交響曲第6番
カラヤン(ヘルベルト・フォン)
posted by なつみ at 14:24| 音楽 | 更新情報をチェックする

2010年09月22日

このしごく退屈な曲を美しいと感じる人の感覚に問題がある

意見
albert_clemens_jackson "Jack"のような人格障害、精神疾患で社会的能力のない、しかもゲイの犯罪予備群は追放できないものかね(笑)
どれもこれも判を押したように同じようなレビューを
このしごく退屈な曲を美しいと感じる人の感覚に問題がある。


フォーレの作品は、いまさら聴いても目新しいものがまるでなく、正直ダサい。


カビの生えたような音楽だ。


フォーレのレクイエムを聴いて

前からフォーレのレクイエムのCDを買いたかった。

大学生の頃に義理で合唱団のコンサートを聞きにいって、もう一度まともに聞いてみたいと思って22年。

今回聞いてみて、なんとすばらしく安らぎに満ちた曲で、気持ちが豊かになってきます。

何度も聞き返しています。

指揮者が誰で、どんな人たちが歌っているかはさっぱりわかりません。

しかし、今回、このようなすばらしいCDを安価な価格で得られて大満足です。

歌声は全身を安心のオーラに包んでくれそうです。

お堂で何人もの人が読経を上げているような,ゆったりした抑揚です。

わたしがもしキリスト教徒であったなら、もっと違ったレビューが書けたかもしれません。

しかし、手軽にフォーレのレクイエムを聞きたいなとお思いの人にはうってつけかもしれません。



フォーレ:レクイエム
フォーレ
posted by なつみ at 01:00| 音楽 | 更新情報をチェックする

2010年09月21日

あの時代を思い出させてくれる

書名になっているThe Beatlesの曲は当然だが、主人公の姉とほぼ同じくらいの年齢の自分としては、それ以外にも“四曲入りのEP版”“フランスキャラメル”“アメリカ口語教本”“傷痍軍人”など懐かしくて思わず「そおや!」と声が出てしまうようなものに再会しました。

物語としては、子どもの目を通してみた世界に透明感があって心地よく読めましたが、中学生の女の子の気持ち動き・揺れが理解できるというより、「外の世界」へ心が向かっている高校卒業を控えた姉の行動を闇雲に心配する父親の気持ちに、時代的な背景も考慮すると共感を覚えます。

健気なビートルズマニアの回想記
著者は高名な児童文学作家である.しかしここでは、半自叙伝のように健気な中二の女の子だった自らを40年後に回想する、と言う趣で、ひたすら好きで好きで仕方のない The Beatles への愛に満ちた日々が描かれる.Beatles の1966年秋の来日公演を何とかして見るために、中国地方西部から東京目指して小さい家出までするのだ.でも私は満足できなかった.余りにも世界が狭く、回想自体に魅力が足りないのだ.これを姫野カオルコ氏の 'ツイラク' の墜落前までの回想部分と比較すれば、社会的、戦略的な生き方の描写が欠落しているのがよく判る.それと、プロローグで満月が中天にかかりながら曙を迎えるあり得ない情景で、私の信頼感はゼロまで下がっている.高名な作家のこのあり得ない過ちは読み手の心を暗くする.折角のビートルズが息づく乗りを与えられず残念.昭和の懐かしい時代にタイムスリップ
ビートルズに恋いこがれた少女の日常を描いています。

ビートルズの曲にガツン!ときた方、昭和40年代を生きた方きっと、ページをめくれば、あの頃にタイムスリップできます。

本を読みながら、あの頃の情景が浮かんできます。

わたしは、なんでもや(文房具とかお菓子とか、とりあえずなんでも売ってた店)が大好きでいつも、入り浸ってました。

あの頃のことを思い出しながら、この本を読みました。

オール・マイ・ラヴィング
posted by なつみ at 01:53| 読書 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。